FC2ブログ

PANZERBOOKブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どなたか情報を ヒトラーユーゲント来日映像

下の映像は、Karl Hoeffkes(第三帝国映像コレクター兼私立公文書館代表)が所蔵している物で
 HJが来日した特の1938年撮影だそうです。
  ある外国の友人が、「この映像の場所は何処か?」と聞いてきました。
  私なりに調べたのですが、現在不明です。
  お寺の建物も大きく、おそらく有名だと思いますが...
  
  イタリアの国旗や入り口の国章の鷲も興味をそそります。
  ダンスの女性は、日本在留ドイツ人でしょうか?

  このお寺の情報があればお願いします!

  しかし1938年の来日では無い可能性もあります。
  冒頭の山は長崎の雲仙岳の可能性があります。
  当時 長崎にはドイツ人学校がありました。
  1938年の来日時にはHJは雲仙観光ホテルにて晩餐会はひらいたのですが 宿泊は?です。  
 
スポンサーサイト
  1. 2013/09/27(金) 22:17:06|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ドイツのバロン西 追記  Kurt Hasse の所属部隊が判明しました。

何と!本日お二人の方からKurt Hasse(クルト・ハッセ)の所属部隊の情報を頂きました。
それもP.カレル「焦土作戦」に記述があると...
本当に灯台もと暗しでした。
勿論、私も既読の本ですが(ってかバイブルですよね)全く忘れていました。
手持ちの洋書やネットで検索しても全く出てこないのに..
日本語であるとは...お恥ずかしい限りです。

お二人に本当に感謝します(A.Shin様 K.Hirosi様)

その所属とは

XXXXVII. Panzerkorps  第47装甲軍団でした。

彼の部隊所属時の写真は現在でも見たことがありません。
下の写真もオリンピックでの写真
baronhasee.jpg


さしずめ 彼の父親
Ernst Hasse(1867年7月7日-1945年4月11日)は歩兵将軍で
第一次大戦では、鉄十字一級を受拝しています。
歩兵畑の人ですが1922年から1925年迄 第2騎兵師団の師団長を務めています。

Ernst-Hasse.jpg



  1. 2013/09/22(日) 03:52:27|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツのバロン西

西竹一”バロン西”大佐は1932年のロサンゼルスオリンピックで金メダルでしたが。
残念ながら1936年のベルリン大会では落馬で棄権となりました。
そのベルリン大会障害飛越競技で金メダルに輝いたのは
Kurt Hasse中佐でした。
彼は愛馬”TORA"(トラ?虎?と思ったのですが、旧約聖書のモーセ五書の事みたいです)と共に
個人と団体戦で金メダルを獲得しました。
しかしながら、バロン西と同じく東部戦に従軍し1944年1月9日に戦死しました。
(装甲軍団の司令部参謀まで判明しましたが、部隊をご存じの方は教えてくださいませ)

Kurt Hasse
(1907年2月7日-1944年1月9日)
Kurt-Hasse1.jpg
愛馬"TORA"とオリンピックで
Kurt-Hasse3.jpg


その団体部門(3人一組)で同じく金のHeinz Brandt大佐(死後少将)は
もっと有名で、1944年7月20日のヒトラー暗殺未遂事件で爆破に巻き込まれ
重傷の後翌21日に死亡しました。
Heinz Brandt少将
(1907年3月11日–1944年7月21日)陸軍総司令部作戦課主任参謀
hinzebrand.jpg

その他にも総合馬術で金の
Ludwig Stubbendorff
(1907年2月26日–1941年7月17日)
第22砲兵連隊で戦死
Ludwig-Stubbendorf.jpg


同じく総合馬術団体で金の
Rudolf Lippert少将
(1900年10月29日–1945年4月1日)
第5装甲師団第6装甲連隊で戦死。
Rudolf-Lippert.jpg



戦死はしていないのですが馬場馬術で金の
Hermann von Oppeln-Bronikowski少将
(1899年1月2日–1966年9月19日)
第20装甲師団で柏葉付き騎士十字章を受けており
1964年の東京オリンピックではカナダの乗馬コーチでした。

Bronikowski1.jpg


オリンピックのヒーローも当時は多数戦場で命を落としました。
現在よりもっと平和な時代になって2020年を迎えたいものです。

  1. 2013/09/13(金) 06:32:13|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

騎士十字受拝者 訃報 2013年 その3

日本でも訃報記事が掲載されたRochus Misch
騎士十字では無いけど重要人物なので。
総統の側近最後の生き残りでした。
カメラーインタビューなどは有ったのですが自伝を出版したのは以外と遅く2008年で、
その年公開のトム・クルーズ主演映画『ワルキューレ』の考証アドバイザーを勤めました。

Rochus Misch (1917年7月29日-2013年9月5日)
Rochus-Misch.jpg




2012年以降の訃報

Wilhelm Lehner 
(1914年11月7日-2012年7月19日)
第40装甲擲弾兵連隊(43年6月15日受拝)
Wilhelm-Lehner.jpg

August Kaminski
(1914年8月9日-2012年8月15日)
第655重戦車駆逐大隊 (44年10月6日受拝)
a-kaminsky.jpg


Fritz Langanke
(1919年7月15日-2012年7月10日)
SSダスライヒ師団第2装甲連隊(44年8月7日受拝)
Fritz-Langanke.jpg


Theo Kroj
(1918年9月1日-2012年4月3日)
第87擲弾兵連隊(43年11月24日受拝)
Theo-Kroj.jpg


Achim Wunderlich
(1912年7月17日-2012年3月25日)
第205軽歩兵大隊(44年10月30日受拝)
Achim-Wunderlich.jpg

R.I.P
この下の拍手は合掌と言う事で
  1. 2013/09/07(土) 02:39:23|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

騎士十字受拝者 訃報 2013年 その2

Walther Gerhold(1921年6月8日 - 2013年3月2日)
海軍特殊戦闘部隊 Kleinkampf Flottille 361 (44年7月18日受拝)
Walther-Gerhold.jpg


Georg Bleher(1919年2月4日- 2013年2月25日)
第205歩兵師団第358擲弾兵連隊 (45年5月6日!!受拝)
Georg-Bleher.jpg


Kurt Bischof(1924年12月16日 - 2013年1月11日)
第208歩兵師団第337擲弾兵連隊(45年4月14日受拝)
Kurt-Bischof.jpg





以下、今年では無いのですが、陸軍とSSに限ってお伝えしたいと思います。
騎士十字本の補完にお役立てください。(一部騎士十字章とは無関係もありますが重要な人物と言うことで)

Alois Schnaubelt(1921年1月16日- 2012年12月11日)
SS第5装甲師団 Wiking 第5対空砲大隊(44年11月16日受拝)
Alois-Schnaubelt.jpg



Hubert Meyer(1913年12月5日- 2012年11月16日)騎士十字では無いが、SS第12師団史などの著者
SS第1装甲師団・SS第12装甲師団 参謀
Hubert-Meyer.jpg


Hans-Hermann Sturm(1917年6月12日- 2012年10月24日)
突撃砲旅団”グロースドイッチュラント”(44年6月9日受拝)
Sturm, Hans-Hermann


R.I.P
この下の拍手は合掌と言う事で
  1. 2013/09/06(金) 01:31:06|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。